債券は反発、米景気懸念に伴う株安・円高で-長期金利は再び1%割れ

債券相場は反発。米国の景気減速 懸念に伴う日米株安やドル安・円高が債券市場で買い材料視された。月 末にあたり保有債券の年限を長期化する需要も膨らむ中、10年債利回 りは午後の取引で再び1%の大台を割り込んでいる。

岡三アセットマネジメントの山田聡債券運用部長は、米国の雇用 情勢に対する先行き懸念が根強いだけに、内外とも株高やドル高・円安 トレンドが強まりにくいと言い、結果的に先週後半からの持ち高整理が 進んだ債券市場において新たな買いを促したと指摘した。

東京先物市場の中心限月9月物は前日比19銭高い142円64銭で 開始。直後にこの日の安値142円62銭を付け、その後しばらくは142 円70銭を中心にもみ合ったが、午後に入るとじりじりと水準を切り上 げた。さらに2時過ぎ以降に買いが膨らむと一時は143円ちょうどま で上昇して、結局は54銭高の142円99銭で取引を終えた。

米国では今週に発表される雇用統計などの指標で景気減速が示さ れる見通しが広がったことが材料視されており、国内市場も米国に追随 する格好で債券高、株安、ドル安・円高の展開となった。

米株式相場の下落や為替が1ドル=84円台前半までドル安・円高 が進んだことから、日経平均株価は一時3.6%も急落しており、午後の 債券先物相場の押し上げ要因となったもよう。ドイツ証券の山下周チー フ金利ストラテジストは、きのうの債券相場下落のきっかけとなった米 長期金利の上昇に歯止めがかかったことに加え、日米株安や円高基調な ど外部環境の好転が買い材料視されたとみていた。

30日の米国債市場で10年債利回りは11ベーシスポイント(bp) 低下の2.53%付近で終了した。一方、ダウ工業株30種平均など主要 な株価指数は前週末の上昇分をほぼなくして引けていた。

10年債利回りは0.96%

現物市場で新発10年物の309回債利回りは前日比3bp低い

1.00%で始まり、しばらくは1.00-1.005%での小動きが続いた。し かし、午後に入って再び買いが膨らむと1%の大台を下回り、2時過ぎ 以降には予想外の金利急低下となった。3時20分現在では7bp低下 の0.96%で推移している。

みずほインベスターズ証券の落合昂二チーフマーケットエコノミ ストは、債券相場はきのう乱高下した後に戻り歩調となった上、その後 の米債反発もあって買われたと言い、「月末に保有債券の年限を長期化 する需要もあってきょうはしっかりの展開だろう」とみていた。

あす9月1日には10年債の価格競争入札を控えており、市場では 309回債利回りが1%に接近すればヘッジ売りが膨らむとの見方もあっ たが、株安進展などを背景に買いが優勢となった。岡三アセットマネジ メントの山田氏は、日本銀行が金融緩和策を打ち出しても株高や円安が 一時的だったため、あらためて米景気に対する懸念が強まったと言い、 債券残高を大きく減らしづらい雰囲気だとも話した。

あす10年債入札、クーポン引き下げか

財務省はあす10年利付国債(9月債)の価格競争入札を実施する。 10年債の表面利率(クーポン)について、市場では0.1ポイント低下 の1.0%が有力視されており、この場合には2003年8月の入札以来、 7年ぶりの低い水準に引き下げられることになる。

前日に309回債利回りが1.1%台まで上振れたため、新発10年 債はクーポン据え置きの見通しも広がった。このため、市場ではクーポ ン引き下げへの警戒感がくすぶりそうだが、三菱UFJモルガン・スタ ンレー証券の稲留克俊債券ストラテジストは、9月の国債大量償還を見 据えた買いや、債券インデックス(指数)の年限長期化目的の需要が見 込めるほか、20年ゾーンからの資金シフトも期待できるとみる。

大和住銀投信投資顧問の伊藤一弥国内債券運用第2グループリー ダーは、株安やドル安・円高が再燃していることで、きのうまで長期や 超長期債の持ち高を圧縮した大手銀が再び買いに回ったと言い、「利回 り水準が下がっても需給面からの不安は乏しい」と指摘した。

民主党代表選の見極めも

一方、民主党代表選(14日投開票)の告示をあすに控えて、小沢 一郎前幹事長の出馬の有無を見極める雰囲気も広がった。

小沢前幹事長が26日に代表選出馬を表明すると、市場では昨年の 衆院選マニフェスト(政権公約)に盛り込んだ政策実行が意識されて財 政規律維持に対する懸念が広がった。ドイツ証の山下氏は、小沢氏の出 馬表明が先週後半の長期や超長期債売りの一因になっていただけに、民 主党内で菅直人首相の無投票再選が模索され始めたことで債券市場の買 い戻しを促したとみていた。

こうした中、午後には小沢前幹事長が記者団に対して、菅首相と 会談する可能性について「いや、ありません」と述べたことが伝わり、 債券先物に一時的に売りが膨らむ場面もあった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE