アングロ・アイリッシュ銀、必要なのは250億ユーロ-S&Pに反論

国有化されたアイルランドの銀行、 アングロ・アイリッシュ銀行のマイク・アインズリー最高経営責任者 (CEO)は、必要な追加資本の額が250億ユーロ(約2兆6800億円) に抑えられるとして、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ (S&P)の試算を否定した。S&Pは同行の資本ニーズを一因に、 アイルランドの国債格付けを引き下げた。

同行が31日発表した1-6月(上期)の損益は不良債権を割引価 格で国家資産管理機関(NAMA)に売却した結果、82億ユーロの赤 字となった。

アイルランド政府は2009年1月にアングロ・アイリッシュ銀を国 有化。同行は昨年12月までの1年3カ月で127億ユーロの累積赤字を 出した。S&Pは先週、アイルランドを「AA-」に格下げした。ま た、政府によるアングロ・アイリッシュ銀への資本注入は最終的に最 大350億ユーロに上るとの試算を示した。

アインズリーCEOは31日のインタビューでS&Pの予想につ いて、「数字がどこから出て来るのか分からない」と述べた。また、マ ールテン・ファンエデン最高財務責任者(CFO)はアイルランドの 商業用不動産市場がまだ安定していないようであることが懸念材料だ と語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム Akiyo Kinoshita 木下 晶代 +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net  Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Joe Brennan in Dublin at +353-1-5239-522 or jbrennan29@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Edward Evans at +44-207-073-3190 or eevans3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE