ニューヨークの熱波:今週いっぱい続く見通し-平年を6-8度上回る

米東海岸に29日南下した熱波が 今週いっぱいニューヨーク市に影響を及ぼすとの予報を、米気象庁 (NWS)が発表した。労働者や新学期を迎えた生徒、30日開幕の 全米オープンテニス選手権に出場する選手や関係者らも猛暑にさらさ れそうだ。

NWSの気象予報士、ジョー・ポリーナ氏によると、セントラル パークの最高気温は9月3日にかけ平年をカ氏で11-15度(セ氏で 6-8度)上回ると予想されている。

ポリーナ氏は「高気圧がかなりの日数にわたって上空を覆ってい る」と指摘。「それが主因だ。空気が熱せられている」と述べた。

ポリーナ氏によると、セントラルパークの29日の最高気温はカ 氏94度(セ氏34.4度)に達し、今後さらに4日間にわたって90度 台の気温が続く見込み。NWSによると、公式には90度以上の気温 が3日連続すると熱波とされる。

ニューヨークなど米北東部は7月に高温に見舞われ、エアコンの 利用が増えてエネルギー消費量が過去最高水準に達した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE