神戸鋼:インドに環境型製鉄所、CO2排出2割減-日経

神戸製鋼所はインドで鉄鋼生産に乗 り出すため、インド国営の鉄鉱石大手、NMDCと製鉄所を建設、運営 する合弁設立を検討する覚書を交わしたと31日付の日本経済新聞朝刊が 報じた。設備1基の産能力は年約50万トンで、投資額は200億円強だと いう。情報源は示していない。

報道によると、同社はインド国営の鉄鋼大手、SAILとも合弁で 年産100万トン規模の製鉄所建設を協議しており、実現すれば投資額 は400億円前後になる見通しだという。建設を検討しているのは高炉で はなく、回転炉と呼ばれる製鉄所で、二酸化炭素(CO2)の排出量が 高炉より約2割少ないという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE