仏財務相:政府借り入れコストの独との差が縮小、仏への信頼鮮明に

フランスのラガルド財務相は、仏 独間で政府の借り入れコストの差(スプレッド)が「縮小した」状態 にあると述べ、これはフランスの経済政策への信頼感を鮮明にするも のだとの見解を示した。

ラガルド財務相はLCIのテレビとのインタビューで、「フランス とドイツとのスプレッドは非常に接近している。フランスの状況は投 資家から極めて信頼できるものとみなされている」と指摘。「これは 2つの事柄を浮き彫りにしている。厳格な金融規制と、経済政策が機 能しているという点だ。フランスには価値と雇用を創出する経済があ る」と説明した。

同財務相はまた、ドイツの内需が4-6月(第2四半期)に上向 いたのは「非常に喜ばしい」と語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo  +81-3-3201-7499 kshugo@bloomberg.net     Editor:Akiko Kobari 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Mark Deen at +33-1-5365-5066 or markdeen@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE