ロシア農相:来年の穀物収穫高8000万トン超を予想-ロシア新聞

ロシア農業省によると、同国 は来年の穀物の収穫高が8000万トン以上に拡大すると見込んでい る。過去50年間で最悪となった干ばつの影響で、今年の収穫高は 約30%減少した。

ロシアのスクリンニク農相は政府系のロシア新聞とのインタビ ューで、「われわれは来年に少なくとも8000万トンの収穫高を確 保できるようあらゆる手段を講じている」と述べた。農業省では、 今年の収穫高は6500万-6700万トンになると予想している。

同農相によると、ロシアで干ばつに見舞われた37地域の土壌 の水分含量が引き続き不十分であるならば、今年の冬穀物の作付面 積は1200万-1500万ヘクタールになる可能性がある。過去数年 は1800万ヘクタールだった。30日時点での作付け面積は50万ヘ クタールという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE