英国:8月の消費者信頼感指数、6カ月ぶりに改善-GfK・NOP

英国の消費者信頼感指数が8月、 6カ月ぶりの改善に転じた。調査会社GfK・NOPのまとめによる もので、景気回復が買い物客を勢い付かせている兆候が示唆された。

GfK・NOPが電子メールを通じ31日発表した8月の英消費者 信頼感指数は、前月から4ポイント上昇しマイナス18。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト16人の予想中央値はマイナス 24への悪化だった。調査は2000人を対象に7月30日-8月15日に 実施された。

GfK・NOPソーシャル・リサーチのマネジングディレクター、 ニック・ムーン氏は、指数が「さらに下落していたら二番底が非常に 現実味を増していた」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE