明電舎株7カ月超ぶり上昇率、太陽光発電部品で中国機関の認証取得

重電機器を手掛ける明電舎株が一 時、前週末比5.8%高の272円と3連騰。1月4日(8.2%)以来、7 カ月超ぶりの上昇率を記録した。太陽光発電システムの基幹部品で、 中国の公的機関による認証を取得した。中国での同分野の将来展開に 対する期待感が高まっている。

同社はパワーコンディショナー(電力変換装置)で、中国の新エ ネルギー関連製品の専門認証機関「中国総合認定センター」から日本 メーカーで初めて認証を取得した、と29日の日本経済新聞朝刊が報道。 自然エネルギー整備のための中国政府の国家プロジェクトに採用され るには、同認証が必須条件となる。

明電舎広報室の岡田富美子氏は、「性能と品質に関する国家保証を 受けたことで、国家プロジェクトに参加するチャンスができるほか、 一般への普及においても手掛かりになる」と述べた。太陽光発電をは じめとする新エネルギー向けの電力変換製品で、2013年度を最終年度 とする中期計画では売上高100億円を目指しているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE