シカゴ小麦先物:時間外取引で一時1年2カ月ぶり高値-米国産需要で

シカゴ商品取引所(CBOT)の の小麦先物相場は30日の時間外取引で1年2カ月ぶりの高値に上昇。 前週末にはロシアなど一部欧州の干ばつによる収穫被害やカナダでの洪 水の影響で米国産トウモロコシへ需要増加の兆候で上昇していた。

小麦先物相場12月限はメルボルン時間午前9時07分(日本時間 同午前8時07分)現在、1ブッシェル当たり4.425ドル。一時は前週 末日比1.6%高の4.43ドルまで上昇し、昨年6月以来の高値を付けた。 大豆先物は0.7%高の同10.3275ドル、小麦先物は1.2%高の7.03ド ル。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 藤田比呂子 Hiroko Fujita +81-3-3201-8662 hfujita2@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Wendy Pugh in Melbourne at +61-3-9228-8736 or wpugh@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Wendy Pugh in Melbourne at +61-3-9228-8736 or wpugh@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE