難関校攻略期待で明光ネット株反発、早稲アカと個別塾展開

学習塾を手掛ける明光ネットワー クジャパンと早稲田アカデミー株がともに上昇。両社は教育事業で業 務提携した、と27日に発表。共同で高学力層向けに難関校受験に特化 した個別指導塾を立ち上げる予定で、シナジー(相乗)効果による収 益拡大を期待した買いが先行した。

明光ネット株は一時前週末比3.9%高の660円と約2カ月半ぶり の高値水準を回復。早稲田アカ株は同1.6%高の650円まで上昇。

明光ネットは、個別指導の補習塾「明光義塾」をフランチャイズ 展開する。一方、早稲田アカは集団指導の進学塾が主力で、開成高校・ 早慶附属中学・高校をはじめとし、難関中学・高校・大学入試でトッ プレベルの合格実績を誇る。両社は業務提携により、個別指導と集団 指導の相互補完をすることで顧客層の拡大、合格実績の向上を目指す 構えで、まず来年1月に受験対策の個別指導塾を両社で立ち上げる。

コスモ証券の川崎朝映シニアアナリストは、今回の提携について 「補習型の塾が主体で、難関校受験には強くない明光ネットにとって のメリットが相対的に大きい」との見方を示した。学習塾業界は少子 化の影響などで収益環境は厳しさを増しているが、「明光ネットと早稲 田アカは同業であっても具体的な事業の重なりが少なく、両社の新た な収益源に育つ可能性を秘めている」と言う。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE