コーンFRB理事がブルッキングス研究所入り、退任後に-関係者

【記者:Scott Lanman】

8月28日(ブルームバーグ): コーン米連邦準備制度理事会(F RB)理事は9月1日に退任した後、ブルッキングス研究所に勤務 する。事情に詳しい関係者が明らかにした。

コーン理事(67)は2006年から今年6月までFRBの副議長を 務めた。同関係者が匿名で語ったところによると、コーン氏は9月 半ばからワシントンの非営利団体であるブルッキングス研究所に非 常勤で勤める。

コーン理事は金融政策について20年近くグリーンスパン前F RB議長に助言した後、バーナンキFRB議長の補佐役を務めた。 オバマ大統領が指名した理事会メンバー候補が上院での承認を待つ 中で、コーン理事は退任を2カ月延期した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE