加RIM:インドでのブラックベリー規制回避-60日の検証期間

カナダの携帯機器メーカー、リ サーチ・イン・モーション(RIM)は、同社のスマートフォン(多 機能携帯端末)「ブラックベリー」のインドでの一部機能の制限をひ とまず回避した。同国でのブラックベリー利用者は100万人を超える。

内務省のケディア報道官は30日、ブラックベリーのメッセンジ ャーサービスと企業向けサービスについて、インド治安当局による精 査が可能か判断するため、RIMが提示した監視手段を同国の当局が 向こう60日間にわたり検証すると発表。同国政府はRIMに対し、 監視手段の提示期限を31日に設定し、提示がなければ同サービスを 禁止するとしていた。

RIMの世界での利用者数4600万人に占めるインドの割合は 2%にすぎないが、インドで禁止となれば他の国に対する前例をつく ることになった可能性がある。モルガン・スタンレーのエハッド・ゲ ルブラム氏(ニューヨーク在勤)は、20日の顧客向けリポートで、ブ ラックベリーの規制強化に向けた動きが複数の国で一斉に見られるこ とを理由の一部として、同社株の投資判断を「アンダーウエート」に 引き下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE