富士康国際:上期は赤字拡大、ノキアが製造委託縮小

携帯電話のOEM(相手先ブ ランドによる生産)世界最大手、富士康国際(フォックスコン)が 発表した1-6月(上期)決算は前年同期から赤字が拡大した。同 社に製造を委託しているフィンランドのノキアがOEM企業への外 注を縮小していることが背景。富士康国際は台湾の鴻海精密工業の 中国子会社。

富士康国際が30日、香港証券取引所に届け出た文書によると、 純損失は1億4260万ドル(1株当たり2セント)と、前年同期の 1870万ドル(同0.26セント)の赤字から拡大した。売上高は 32億3000万ドルと、前年同期の31億6000万ドルから増加し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE