中国東方航空:1-6月純利益は79%増加-上海万博や元高で

乗客数で中国2位の航空会社、中 国東方航空の2010年1-6月(上期)決算は、上海万博の開催により 旅行需要が増えたほか、元高により債務の評価額が縮小し、利益が 79%増加した。

同社が29日、香港証券取引所に国際会計基準に基づいて提出した 資料によると、純利益は17億6000万元(約222億円)と、前年同期 の9億8470万元から増えた。売上高は前年同期比94%増の331億元。

上期の乗客数は、上海航空の買収と、5月から開催している万博 の影響で45%増加した。また、米ボーイングや欧州のエアバスの航空 機購入によるドル建ての債務評価額が元高によって減少し、為替差益 は1億5560万元となった。

--Li Xiaowei. Editors: Neil Denslow, Terje Langeland

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 望月千晶 Chiaki Mochizuki +81-3-3201-7292 cmochizuki@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Li Xiaowei in Beijing at +86-10-6649-7506 or Xli12@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Neil Denslow at +852-2977-6639 or ndenslow@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE