IMF筆頭副専務理事:ドルが準備通貨であり続けることは疑いない

国際通貨基金(IMF)のリプスキ ー筆頭副専務理事は、ドルが今後数年間主要な国際的な準備通貨であり 続けることは間違いないとの見解を明らかにした。同氏は28日、米ワイ オミング州ジャクソンホールでの年次シンポジウムで講演し、「もちろ ん、ドルが向こう数年間主要な役割を果たすことに関して疑いはない」 と述べた。同氏は同時に、IMFの特別引き出し権(SDR)が準備資 産として「長期的な役割が強まる」かもしれないと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE