ルービニ教授:バーナンキ議長は景気を過大評価していたと認める必要

米ニューヨーク大学のヌリエ ル・ルービニ教授は27日、バーナンキ米連邦準備制度理事会(FR B)議長はFRBが景気回復を過大評価していたことを認める必要が あるとの見方を示した。

同教授はブルームバーグラジオとのインタビューで、バーナンキ 議長は、「景気回復が失速しつつあり、FRBが今年の回復が力強さ を増すと見込んでいたのは間違いであったと認める必要があるだろう」 と述べた。

さらに「リセッション(景気後退)の二番底を回避するために必 要な追加的な政策について検討し始めるのは、それからだ」と続けた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Caroline Salas in New York at +1-212-617-2314 or csalas1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andrew J. Barden at +1-613-667-4804 or barden@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE