8月独インフレ率:0.9%に鈍化、ガス値下がりで予想下回る

ドイツのインフレは8月に、エ コノミスト予想以上に鈍化した。ガスの値下がりが影響した。

ドイツ連邦統計庁が27日発表した8月の同国の消費者物価指数 (速報値)は、欧州連合(EU)基準で前年同月比0.9%上昇と、7 月の同1.2%上昇から伸びが鈍化した。ブルームバーグ・ニュースが まとめたエコノミスト24人の予想中央値は1.1%上昇だった。8月 の物価は前月比では横ばいとなった。

INGグループのエコノミスト、カルステン・ブルゼスキ氏 (ブリュッセル在勤)は「インフレ圧力はまったくない。現在の物価 動向が続くようであれば、欧州中央銀行(ECB)はインフレよりも デフレについて懸念すべきだろう」と語った。

統計局によると、ガス値下がりが8月のインフレを抑制した。ヒ ーティングオイル(暖房油)とガソリンについては、1年前の水準を 上回ったという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE