元先渡し取引量は1日500億ドルにも、規制解除なら-スタンダード銀

中国当局が資本規制を解除す れば、人民元で決済される人民元先渡し(デリバラブル・フォワー ド)の取引量は1日当たり平均500億ドル(約4兆2400億円) 相当に増える公算だ。スタンダードチャータード銀行が試算を示し た。

同行のアジア外国為替戦略責任者トーマス・ハー氏(シンガポ ール在勤)とエコノミストのウサラ・ウィライピッチ氏(バンコク 在勤)の27日付の調査リポートによると、人民元先渡しの1日当 たり取引量は2007年4月時点で46億ドル相当だった。両氏は国 際決済銀行(BIS)のデータを引用した。リポートでは取引量が 500億ドルに達する時期を明確には特定せず、「数十年以内」とし ている。

両氏はまた、資本規制が解除されれば、ドル建てで決済される 元先渡し(ノンデリバラブル・フォワード、NDF)の市場は「徐々 になくなっていくはずだ」と指摘した。

中国の資本規制により人民元は現在、完全な兌換(だかん)通 貨ではないため、ドルで差金決済するNDF市場が利用されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE