中国国家外為管理局、企業に外貨収入の一部海外での保有認める計画

中国国家外為管理局は、中国企業に 対し外貨収入の一部を海外で保有することを認める計画だ。同局が27日 にウェブサイト上で発表した。10月1日から、北京市と広東省、山東 省、江蘇省に拠点を置く企業を対象に試験的に開始するという。海外で 保有できる外貨収入には上限が設定されるとしているが、具体的な数字 は明らかにしていない。

現在、中国企業は海外での収入を同国に持ち帰ることが義務付けら れているが、すべてを人民元に換えることは求められていない。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE