中国の短期市場金利が6月以来の大幅上昇、工商銀の大型CB起債控え

27日の中国金融市場では、短 期市場金利の指標である7日物レポ金利が2カ月余りで最大の上 昇となった。中国工商銀行(ICBC)の起債を控え、投資家らが 手元に資金を確保していることが背景にあるとみられる。

ICBCは250億元(約3120億円)相当の転換社債(CB) を発行する計画。国海証券の債券アナリスト、陳亮氏はこれに対し 最大1兆7000億元の応募があるとみている。

同氏は「ICBCの起債がレポ金利上昇の主な理由だ」と指摘。 「この起債で、機関投資家や個人投資家の多額の資金が固定される 公算がある」と説明した。

また、ブルームバーグがまとめたデータによると、中国人民銀 行(中央銀行)は今週、差し引きで910億元を金融システムから 吸収した。吸収額は4月以来の規模。

中国インターバンク・ファンディング・センターによれば、7 日物レポ金利は一時2.3%と、7月15日以来の高水準を付けた。 上海時間午前10時1分(日本時間午前11時1分)現在は36ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.2%と、6月9 日以来で最大の上昇となっている。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は 1ドル=6.7988元とほぼ変わらず。前日の終値は6.7998元。前 週末比では0.13%下げている。

--Judy Chen. Editors: Ven Ram,

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 重松 典子 Noriko Shigematsu +81-3-3201-3986 nshigematsu@bloomberg.net

Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Judy Chen in Shanghai at +86-21-6104-7047 or xchen45@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net.

%CNY %HKD %USD

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE