戦略相:景気に下押しリスク、経済対策は雇用創出が重要(Update1)

荒井聡国家戦略兼経済財政担当相 は27日の閣議後会見で、景気の下押しリスクが強まっているとの見方 を示した上で、政府の経済対策では雇用の創出が重要であり、新成長 戦略を先取りする必要があると述べた。また、菅直人首相が経済対策 のスケジュールなど基本的方針をきょうにも発表することを明らかに した。

試案に関して戦略相は「景気は着実に持ち直しているものの、円 高や海外経済の減速というわが国景気の下押しリスクが強まっている」 との認識を示した上で、どういう対策が考えられるかを説明したと語 った。また、「近いうちに、多分きょうにも総理の方から、具体的な経 済対策の基本方針のスケジュール感について発表されると思う」と述 べた。

戦略相は閣僚懇談会でのやり取りに関する詳細な説明は避けたが、 「雇用を作り出していく緊急経済対策でなければならないことを強く 言った」と指摘。さらに、財源が限られている中で、新成長戦略を「先 取りするような」政策が必要だと発言したことを明らかにした。

また円高への対応については「著しく金融問題から発していると いう認識をされる多くの閣僚」がいるとし、そうした観点からも「円 高対策についての具体的な意見交換がなされるべきとの話があった」 という。一方、「政府があまり言及すべきでないとの意見も出た」と述 べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE