アルミ圧延品の出荷、7月は7.8%増-8カ月連続増(Update1)

日本アルミニウム協会(東京・ 中央区)が27日公表した7月のアルミ圧延品(板類と押し出し類の合 計)出荷は、前年同月比7.8%増の17万9619トンだった。8カ月連 続で前年実績を上回った。

板類は6.7%増加した。上旬の天候不順による飲料需要の落ち込 みで缶材が減少したものの、自動車向けは堅調。輸出も中国、東南ア ジア向けを中心に好調を維持した。押し出し類は9.7%増加。建設向 けは依然として低調だが、堅調な自動車向けの需要に支えられた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE