米HPのハード前CEO:約25億円相当の普通株を売却-23日

パソコン世界最大手の米ヒューレ ット・パッカード(HP)の最高経営責任者(CEO)だったマーク・ ハード氏が、辞任の約3週間後に同社の株式3000万ドル(約25億3000 万円)相当を売却したもようだ。

インサイダー取引の調査会社ワシントン・サービスによると、ハ ード前CEOは最大77万5000株の普通株売却について証券取引委員 会(SEC)に届け出た。ハード氏は、バンク・オブ・アメリカ(B OA)傘下のメリルリンチを通じて23日に株式を売却する計画をSE Cに通知した。同日のHPの株価終値が39.04ドルだったことを考え ると、3030万ドル相当を調達した計算になる。

ハード前CEO(53)は契約社員ジョディー・ フィッシャーさん との個人的関係を隠すために虚偽の経費報告を行ったことが調査で発 覚し、8月6日に辞任した。調査結果によれば、セクハラ(性的嫌が らせ)に関する社内規定には違反していなかったとされる。

6日付の届け出によると、HPは退職手当の一部として、ハード 氏に9月7日まで行使可能なHP普通株77万5000株の購入権を付与 した。同氏からコメントは得られていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE