欧州債:独30年債利回り、過去最低-中銀の景気支援拡大観測で

欧州市場ではドイツ30年債利 回りが過去最低を記録した。欧米の中央銀行当局者が27日の会合 で景気支援策の拡大を示唆するとの観測が背景。

先週の米週間失業保険申請件数が市場予想以上に改善したほか、 9月のドイツの消費者信頼感指数が上昇したにもかかわらず、独10 年債利回りは過去最低まで7ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)未満の水準にとどまった。また、アイルランドとイタリア がこの日実施した国債入札で需要が改善した。

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)とトリシェ欧州中 央銀行(ECB)総裁は27日、米ワイオミング州ジャクソンホー ルで講演する。

バイエルン州立銀行のシニア債券ストラテジスト、マリウス・ ダハイム氏(ミュンヘン在勤)は「明日のジャクソンホールでの講 演を控えて様子見となっている」と述べ、「市場関係者の多くはF RBが追加資産購入に着手すると見込んでいる」と続けた。

ロンドン時間午後4時8分現在、独10年債利回りは前日比1 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.16%。同国 債(表面利率2.25%、2020年9月)価格は0.12ポイント下げ

100.00。独2年債利回りも1bp上昇し0.61%となった。

独30年債利回りは4bp低下し2.66%。一時は2.64%まで 下げ、過去最低を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE