米インテル、独インフィニオン携帯部門の買収で近く合意へ

半導体最大手の米インテルは、 欧州2位の半導体メーカー、独インフィニオン・テクノロジーズのワ イヤレス部門を買収することで合意に近づいている。事情に詳しい関 係者3人が明らかにした。

交渉非公開を理由に匿名を条件で語った関係者によると、早け れば今週中にも買収合意が発表される可能性がある。今月2日には別 の関係者2人が、インフィニオンは約15億ユーロ(約1600億円) でワイヤレス部門の売却を模索していると述べていた。

インフィニオンのワイヤレス部門は米アップルの「iPhone (アイフォーン)」や韓国サムスン電子の「ギャラクシーS」などの 携帯電話に使われるプロセッサーを製造しており、インテルは同部門 買収により自社半導体の用途を拡大できるようになる。インテルのポ ール・オッテリーニ最高経営責任者(CEO)は、携帯電話市場への 参入を再び試む。インテルの半導体はパソコンの80%に搭載されて いるが、携帯電話での実績はない。

インフィニオンのワイヤレス部門の2009年9月通期の売上高は 9億1700万ユーロだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE