インド株(終了):3日ぶり上昇-値上げ観測で資源株が高い

インド株式相場は3日ぶりに上 昇。インド最大の国営製鉄会社スチール・オーソリティー・オブ・イ ンディア(SAIL)が需要増加に伴う来月の値上げを示唆したこと を受け、資源株を中心に買われた。

鉄鋼最大手のタタ・スチールも3日ぶり反発。SAILのバーマ 会長は25日、モンスーンによる降雨が次第になくなり、9月に祭典 のシーズンが始まるのに伴い消費が拡大するとの楽観に基づき、鉄鋼 各社が来月に値上げするかもしれないと語った。

国内最大のスポーツ型多目的車(SUV)メーカー、マヒンド ラ・アンド・マヒンドラも高い。同社が韓国の双竜自動車の買収につ いて4カ月以内に完了するとの見通しを明らかにしたことが手掛かり。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前日比

46.71ポイント(0.3%)高の18226.35で引けた。タタ・スチ ール(TATA IN)の終値は1%高の501.85ルピー、マヒンドラ (MMIN)は0.6%高の619.10ルピーで終了。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE