池田財務副大臣:日銀はできる限りの努力をしてほしい

池田元久財務副大臣は26日午後 の定例会見で、日銀に対して「政府と緊密な連携をとりながら、適切 かつ機動的な金融政策を行ってほしい」と述べるとともに、デフレ脱 却に向けて「できる限りの努力をしてほしい」と強調した。為替相場 については「急な円高は日本経済にとって好ましくない。為替市場の 動向は重大な関心持って注意して見ている」と語った。

政府の経済対策については「今、意見交換をしているところだ」 と指摘。その中身については「即効性がなければならない」とした上 で、具体的には「私としては金融政策と規制緩和、雇用対策が頭の中 にある」と述べた。特に「デフレからの脱却が一番大きな問題」とし た上で、デフレ脱却のためには「金融政策が必要だ」と語った。

民主党代表選(9月1日告示、14日投開票)に小沢一郎前幹事長 が出馬を表明したことについては「この状況は危機的な状況なので、 国民の信認を得るために、代表選後は一致して民主党の本領を発揮し ていかなければならない」としながらも、「代表選後に党がどういう 状況になるか、少し心配」と本音をのぞかせた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE