新興市場株:先進国株上回るパフォーマンス続く公算-モルガンS

新興市場株は、相対的に高い企業 業績を追い風に先進国株を上回るパフォーマンスが今後も続くとの見 通しをモルガン・スタンレーが示している。

MSCI新興市場指数は5月25日に年初来安値を付けて以後 13%上昇し、年初からの下落率は2.4%まで縮小している。一方、先 進国の企業で構成するMSCI世界指数の年初来下落率は7.9%。年 初来安値を付けたのは7月5日と新興市場株に比べると遅い。

モルガン・スタンレーのアジア・新興市場担当チーフストラテジ スト、ジョナサン・ガーナー氏(ロンドン在勤)は、新興国・地域が 経済と企業業績の見通しで「優れている」ことに加えて、アジア地域 のインフレがピークに達していることや、中国人民元の弾力化、商品 相場の「回復力」を手掛かりに新興市場株が一段と上昇する可能性が あるとみている。

ガーナー氏は25日付のリポートで、「新興市場株にとって多くの 支援材料がそろいつつある」と指摘。同氏は5月26日、世界経済が「強 い年」になるとの見通しに基づき、投資家に新興市場国・地域の株式 や現地通貨建て債券の保有を増やすよう推奨した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE