豪ドル:対米ドルで1カ月ぶり安値近辺、民間設備投資の減少で

26日の外国為替市場で、オースト ラリア・ドルは米ドルに対して1カ月ぶりの安値近辺で推移している。 4-6月(第2四半期)の民間設備投資が市場予想に反して2四半期 連続の減少となったことから、オーストラリア資産に対する需要が減 退した。

世界経済の成長ペースが減速しつつあるとの懸念が広がる中、豪 ドルとニュージーランド(NZ)ドルの需要は抑えられた。27日発表 の4-6月(第2四半期)の米国の国内総生産(GDP)改定値は速 報値から下向き修正される見込みだ。豪ドル、NZドルはともに対円 では前日の上昇を維持した。日本の通貨当局が円高阻止に向けて為替 介入を行うとの観測が背景にある。

豪ドルはシドニー時間午後零時8分(日本時間午前11時8分)現 在、1豪ドル=0.8855米ドル。ニューヨーク時間前日は0.8840米ド ルだった。前日は一時0.8771米ドルと、7月22日以来の安値を付け た。対円では、1豪ドル=75円2銭(前日は74円76銭)。

NZドルは1NZドル=0.7007米ドル(前日は0.6995米ドル)。 前日は0.6948米ドルと、7月7日以来の安値に達していた。対円では、 1NZドル=59円37銭(同59円15銭)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE