VCのアンドリーセン、新興企業向け投資で約550億円調達へ-関係者

ネットスケープ・コミュニケーシ ョンズ創業者のマーク・アンドリーセン氏が率いるベンチャーキャピ タル(VC)、アンドリーセン・ホロウィッツは、新興企業向け投資資 金として約6億5000万ドル(約550億円)の調達を計画している。同 社の事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

同社はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)閲覧 ソフト会社のロックメルトや、ネット企業のスカイプ・テクノロジー ズなど新興企業に投資してきた。調達計画が公表されていないとして 関係者が匿名で語ったところでは、新たに調達される資金もこれまで と同種の企業への投資に充てられるという。

マーク・アンドリーセン氏とベン・ホロウィッツ氏が2009年に共 同で設立したアンドリーセン・ホロウィッツは、3億ドルの資金で事 業を開始した。機関投資家を引き付ける魅力的な新規株式公開(IP O)が減少し、一部のVCが勢いを失う中で、同社は成長を続けてい る。

アンドリーセン氏にコメントを求める電子メールを送ったが、こ れまでのところ返答はない。新たな資金調達の額については25日の早 い段階でトムソン・ロイターのブログ「peHUB」が伝えていた。ブルー ムバーグ・エル・ピーないし子会社はアンドリーセン・ホロウィッツ に出資している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE