メルケル独首相:EU加盟国の債務算出方法の変更提案に強い難色

メルケル独首相は、主に東欧諸国 が要請している欧州連合(EU)加盟国の債務の算出方法を変更する 提案について、受け入れには「極めて消極的」だとの見解を示した。

メルケル首相は25日、スロバキアのラディツォバー首相との会 談後ベルリンで記者団に対し、「非常に難しい議論になる可能性があ ると思う」と語った。

スロバキアやポーランド、スウェーデンその他6カ国の財務相は、 年金制度を反映させるため債務の算出方法を変更するようEUに要 請した。ただ独財務省は、算出方法の変更は「非常に懐疑的」だとし て同提案をすでに批判している。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Patrick Donahue in Berlin at +49-30-70010-6220 or pdonahue1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Crawford at +49-30-70010-6237 or acrawford6@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE