米住宅価格指数:4-6月期は1.6%低下、在庫膨張で-FHFA

米連邦住宅金融局(FHFA) が25日に発表した第2四半期(4-6月)の住宅価格指数(季節調 整済み、年率)は前年同期比1.6%低下した。記録的な差し押さえ件 数が住宅在庫を膨張させ、価格下落につながった。

FHFAの発表によると、1-3月(第1四半期)は3.2%低 下だった。第2四半期は前期比では0.9%上昇した。同指数はファニ ーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公 社)がローンを提供した住宅を基準とする。

差し押さえ物件が市場に流れ、住宅在庫が増加する中、住宅購 入者の信頼感は低下し、過去最低の住宅ローン金利水準にもかかわら ず需要は低迷している。全米不動産業者協会(NAR)のデータによ ると、第2四半期の米住宅在庫は平均389万戸と、2008年以来の高 水準となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE