欧州債:独10年債利回り、過去最低-ギリシャ債とのスプレッド拡大

欧州市場ではドイツ10年債利 回りが過去最低を記録し、ギリシャ10年債とのスプレッド(利回り 格差)は大幅に拡大した。欧州の一部諸国の財政赤字抑制が難航する との懸念が再浮上し、ドイツ国債への買いを膨らませた。

アイルランド国債相場は下落。米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)は24日、経営難の銀行を支援するコスト増 大を懸念し、アイルランドの信用格付けを「AA-」に1段階引き下 げた。この日発表された8月のドイツ景況感指数が予想に反して上昇 したものの、ドイツ国債の堅調は変わらなかった。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ スタメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は、「アイルランドは格下 げで売りを浴び、これがドイツ国債を支えている」と指摘。「米景気 先行き懸念の高まりとリセッション(景気後退)再来への警戒で、リ スク回避が広がっている」と語った。

ロンドン時間午後4時50分現在、独10年債利回りは前日比4 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.14%。一時 は過去最低となる2.09%まで下げた。同国債(表面利率2.25%、 2020年9月)価格は0.38ポイント上げ100.95。独30年債利回 りは13bp低下し2.642%と、過去最低を付けた。

利回り格差

アイルランド国債相場は下落。同国の10年債利回りは22bp 上昇の5.7%。独10年債に対する上乗せ利回りは24bp拡大し 334bp。一時は347bpまで広がり、過去最高を連日で更新した。

ギリシャ10年債と同年限のドイツ国債のスプレッドは44bp 拡大し929bpとなった。欧州連合(EU)がユーロ圏支援策を5 月に打ち出して以降、初めて900bpを超えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE