8月の独Ifo景況感指数:予想外の上昇-3年ぶり高水準

ドイツのIfo経済研究所がま とめた8月の独企業景況感指数は予想に反して上昇し、3年ぶり高 水準となった。同指数は3カ月連続で前月を上回り、同国経済が記 録的なペースで拡大した4-6月(第2四半期)から、一部エコノ ミストの予想ほどには勢いを失わないことを示唆した。

25日発表された8月の独Ifo企業景況感指数は106.7と、 前月の106.2から上昇した。これは2007年6月以来の高水準。ブ ルームバーグがまとめたエコノミスト36人の予想中央値では、8 月は105.7への低下が見込まれていた。

4-6月期の国内総生産(GDP)は前期比2.2%増と、20年 ぶりの高い伸びだった。高級車メーカー、ダイムラーなどの企業が 旺盛な輸出需要に対応して増産したことが寄与した。

シティグループのユーロ圏チーフエコノミスト、ユルゲン・ミ ヒェルス氏(ロンドン在勤)は、Ifoの指数は「驚くほど力強い 数値だった。恐らく現時点がピークであるものの、期待指数の底堅 さも、企業が回復に自信を持っていることと、実際の企業活動が回 復を裏付けていることを示している」と語った。

ユーロの対ドル相場は統計発表後に上げ幅を伸ばし、一時は1 ユーロ=1.2725ドルを付けた。発表前は1.2689ドル、フランク フルト時間の早朝は1.2630ドルだった。

8月のIfo期待指数は105.2と、前月の105.6(改定前=

105.5)から低下したものの予想は上回った。現状指数は108.2と、 7月の106.8から上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE