チャイナ・テレコム:4-6月は22%増益-予想上回る

中国の固定電話最大手、チャイナ・ テレコム(中国電信)の4-6月(第2四半期)決算は、新規加入者 の増加により、利益がアナリスト予想を上回った。

同社が25日にウェブサイトに掲載した資料によると、一部項目を 除く利益は45億4000万元(約560億円)と、前年同期の37億1000 万元から22%増加した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリ スト6人の予想平均では、42億4000億元が見込まれていた。

売上高は前年同期比6.1%増の548億元。ブルームバーグがまと めたアナリスト予想平均の545億元を上回った。

同社の王曉初会長は、携帯電話の販売奨励金や販促向け通話料金 の設定、パッケージサービスなどにより、この1年で携帯電話の加入 者数を90%伸ばし、競合するチャイナ・モバイル(中国移動)とチャ イナ・ユニコム(中国聯通)から市場シェアを奪取した。同氏はネッ トテレビのような新サービスや、カナダのリサーチ・イン・モーショ ン(RIM)の携帯端末「ブラックベリー」のタッチスクリーン式「ス トーム」などのスマートフォン(多機能携帯電話)を導入し、利益の 伸びを維持したい考えだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE