中国アルミ:石炭や電力会社への出資検討-東南アジアで資源確保も

中国のアルミニウム生産最大手、 中国アルミ(チャルコ)は、石炭や電力会社への出資機会を探ってい る。また、安価な電力・原材料を入手するため東南アジア地域の事業 への参画も検討している。

同社の熊維平会長は25日、ブルームバーグテレビジョンとの香港 でのインタビューで、「東南アジアのような近隣諸国にはボーキサイト や石炭、水力資源が豊富にある。中国アルミは積極的に投資機会を求 めている」と発言。また「低コストの安定供給元を確保するため、電 力会社や石炭会社に出資して戦略的提携を結びたい」と述べた。

燃料コスト高や中国でのアルミニウム生産能力過剰で利益が圧迫 されたことを受け、熊会長は石炭や鉄鉱石、レアアース(希土類)生 産などへ事業を広げることを計画している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE