米ファースト・ソーラー、高めの電気料金設定に自信-中国発電所計画

中国で世界最大の太陽光発電所 建設を計画する米ファースト・ソーラーは、同プロジェクトの採算が 合うよう中国政府が電気料金を高めに設定するとの見通しに自信を示 した。同社は、世界最大の薄膜太陽電池モジュール・メーカー。

ファースト・ソーラーは昨年9月に同プロジェクトを発表したが、 今年6月としていた着工時期は遅れている。同社広報担当のブランド ン・ミッチェナー氏(ブリュッセル在勤)は、現在も中国当局と同発 電所の「経済的条件」について交渉中だと述べた。

同氏は、当局との間で、市場価格を上回ることが保証された料金 設定や再生エネルギーのプロジェクトへの同様の支援措置などを話し 合っていると説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE