大日本住友株が続伸、降圧剤堅調で業績再増額を期待-シティ証格上げ

医療用医薬品の準大手メーカー、 大日本住友製薬の株価が前日比2.4%高の696円まで続伸。降圧剤「ア ムロジン」の売り上げの底堅さなどを背景として、シティグループ証券 は業績予想や投資判断を引き上げた。今期(2011年3月期)利益予想 の再増額期待から買いが優勢となっている。

シティグループ証券の山口秀丸アナリストは24日付リポートで、 国内ではアムロジンの売り上げが想定ほど落ちていないことに加え、海 外では買収した米中堅製薬会社セプラコールの販売が想定より好調だと 指摘。さらに上半期で60億円の費用未達も生じる見込みで、会社側の 業績計画は保守的だと分析した。

会社側は7月30日、欧州向けの輸出や米国子会社の主力品の売り 上げが好調だとし、今期の連結経常利益予想を10億円から60億円へ増 額修正した。シティ証は経常利益予想を7億円から210億円へ大幅に増 額するとともに、投資判断も「中立」から「買い」へ引き上げた。目標 株価は1000円(従来800円)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE