欧州株:続落、米耐久財受注と新築住宅販売を嫌気-タローオイル安い

欧州株式相場は続落。米耐久財 受注と新築住宅販売が予想を下回ったことで、米経済の力強さをめぐ る懸念が一段と強まった。

英石油・ガス探査会社タローオイルは4.6%安。同社はカナダ の同業ヘリテージ・オイルが保有するウガンダの資産買収が延期とな る可能性があると明らかにした。

オランダの金融サービス会社、SNSレアールは11%の大幅安。 同社が発表した1-6月(上期)決算は利益がアナリスト予想を下回 った。ギリシャ2位の銀行、EFGユーロバンク・エルガシアスは

6.4%安。同国銀行株の下げの中心となった。10年物ギリシャ国債 の独国債に対する上乗せ利回りが急拡大したことが背景にある。

ストックス欧州600指数は前日比0.8%安の247.54と、7 月20日以来の安値で取引を終了。米国の住宅、雇用、製造に関する 統計から景気回復をめぐる不透明感が強まっており、同指数は4月に 付けた年初来高値から9%下げている。

7インベストメント・マネジメントで約33億ドル相当の資産運 用に携わるジャスティン・スチュワート氏(ロンドン在勤)は「経済 成長はより緩やかで、より低くなるだろう」と指摘。「8月で市場は 閑散としており、薄商いのため比較的小さい取引が相場に大きな影響 を及ぼし得る状況となっている」と続けた。

米商務省が発表した7月の製造業耐久財受注額は前月比で

0.3%増加した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミス ト予想の中央値は3%増だった。7月の新築住宅販売は市場の予 想に反して前月比で減少、過去最低水準を記録した。

原題:European Stocks Drop on U.S. Economic Data; Tullow Shares Fall

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE