レーン欧州委員:「欧米同舟」で景気後退の二番底リスクに直面

欧州連合(EU)の行政執行機 関、欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は、リセッション (景気後退)の二番底リスクに直面しているという点では欧州も米 国も「同じ船」に乗っているとの見解を示した。

レーン委員は24日、ニューヨークでの記者会見で、「米国がリ セッションの二番底に陥った場合、欧州の景気回復にマイナスの影 響が出るだろう。その逆も同じだ」と述べた。投資家は、来年にか けて主要国経済がリセッションに逆戻りする「二番底」を懸念して いる。

ユーロ圏のサービス業と製造業を合わせた8月の経済活動は拡 大を示したものの、エコノミスト予想を下回った。またドイツの8 月の独景況感指数は1年4カ月ぶり低水準となった。米国で発表さ れた7月の中古住宅販売件数は前月比で27%減少した。

レーン委員はまた、欧州の銀行を対象にしたストレステスト(健 全性審査)を「定期的に」実施する意向を明らかにし、どの程度の 間隔で繰り返すかについては検討すると語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE