インド株(終了):1週間ぶり大幅安-景気減速懸念で金属株に売り

インド株式相場は1週間ぶり大 幅安となった。世界の成長減速と商品需要減退への懸念から金属相 場が下落したことを背景に、スターライト・インダストリーズなど の金属株を中心に売られた。

銅・亜鉛生産でインド最大手のスターライトと、アルミ生産で 国内最大のヒンダルコ・インダストリーズが安い。米国でこの日発 表される中古住宅販売統計は、同国経済が失速しつつあることを裏 付けると見込まれている。スターライトは、親会社によるオリッサ 州での採掘計画をインド政府が却下したことも売り材料となった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前日比

97.76ポイント(0.5%)安の18311.59と、16日以降で最大の 値下がり。

スターライト(STLT IN)は4%安の152.15ルピーと、5月 25日以来の安値で引けた。ヒンダルコ(HNDL IN)も168.50ル ピーに下落。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE