菅首相:為替の急激な変動は好ましくない-注意深くみたい

菅直人首相は24日夕、現在の円高 水準はなお注視を続ける段階かとの質問に対し、「為替の急激な変動と いうのは好ましくないことなので、注意深くみていきたい」と述べた。 首相官邸で記者団に語った。

円高の進行などで、同日の日経平均株価は前日比121円55銭 (1.3%)安の8995円14銭と年初来安値を更新した。為替相場は1ド ル84円台前半まで円高が進んでいる。

首相は政府が検討している追加経済対策について「今後、経済界 からも話を聞いて検討を進めていきたい」と語った。首相は25日午後 4時から官邸で経済3団体の代表と懇談する予定。

日本商工会議所の岡村正会頭は円高に関して「85円を割るという ふうになってくると、かなりの非常事態と言ってもいい状況にこれか ら落ち込む可能性があるのではないか」と述べ、政府・当局に対して は「あらゆる手段を講じて円高を阻止するという政策をとっていただ きたい」とコメントしたと、NHKが24日夜のニュースで報じた。

--取材協力:伊藤辰雄 Editor:Hideki Asai

参考画面: 参考画面:記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE