野田財務相:足元の為替の動き、明らかに一方向に偏っている

野田佳彦財務相は24日夕、円が対 ドルと対ユーロで急速に値を上げたことを受け、「足元の動きは明ら かに一方向に偏った動きだ」と指摘した。その上で「為替相場の過度 な変動、無秩序な動きは経済や金融の安定にとって悪影響を及ぼす。 細心の注意が必要だ」とし、「市場の動向を重大な関心を持って極め て注意深く見ていく」と語った。同省内で記者団に話した。

野田財務相は為替介入については「コメントしない」と述べるに とどめた。

また同日の日経平均株価が終値で9000円台を割ったことについ ては「株価の動向についてもさらに注意深く見守っていきたい」と言 明した。

追加経済対策の取りまとめについては「これからの検討課題」と 述べるとともに、「日銀と緊密な連携を取っていくことが大事だ」と述 べ、政府・日銀による「機動的、適切な対応」の必要性を強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE