レーン欧州委員:ストレステスト、より頻繁に実施も-信頼向上に有効

欧州連合(EU)の行政執行機 関、欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は、欧州の銀行業 界に対する信頼の向上に向け、域内の金融機関を対象としたストレ ステスト(健全性審査)をより頻繁に実施する可能性があると発言 した。

レーン委員は23日、ブルームバーグテレビジョンとのインタ ビューにニューヨークで応じ、EUは先月完了したのと同様の銀行 ストレステストを今後「どの程度の間隔で」繰り返すかについて検 討していると語った。

同委員は「財務相らに話さなければならない事柄だ」として、 ストレステストは「透明性と健全で堅実な分析への信頼感を強める ための極めて有効な手法だ」と説明した。同委員は欧州諸国の財務 相らと9月7日に会合を持つ。

EUの規制当局は毎年、域内の主要行に対してストレステスト を実施している。先月は、欧州の銀行業界の65%に相当する91行 を対象に景気後退と国債下落のシナリオにおける耐久性を審査した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE