フェルプス教授:米国に増税必要、財政健全化とドル防衛で-独紙

ノーベル経済学賞受賞者で米コロ ンビア大学のエドムンド・フェルプス教授は、米国は財政赤字削減と ドル防衛を目的に増税すべきだとの見解を示した。ドイツ紙フランク フルター・ルンドシャウが伝えた。

フェルプス教授は24日付の同紙とのインタビュー記事で、政府 は軍事的な防衛計画先送りによる緊縮財政の実現が可能だと指摘する とともに、低賃金労働者の雇用を促して失業者の削減を図るために企 業に優遇税制措置を講じるべきだと語った。また、増税しなければド ルが危機にさらされる恐れがあるとしたものの、詳細には言及しなか った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE