独4-6月期GDP改定値:前期比2.2%増-輸出がけん引

ドイツ経済の4-6月(第2四 半期)は、輸出と投資をけん引役に記録的な高成長となった。24日 公表された統計の詳細から分かった。

ドイツ連邦統計庁の発表によれば、第2四半期の実質国内総生 産(GDP)改定値(季節調整済み)は前期比2.2%増と、13日公 表の速報値と一致。輸出は同8.2%増、設備投資は同4.4%増加し た。個人消費は同0.6%増だった。

前年同期比では営業日調整済みで3.7%増と、速報値と同じだ った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE