英中銀の楽観姿勢にエコノミストが疑問呈す、歳出削減の影響で-FT

英政府の歳出削減策が経済に与え る影響について、イングランド銀行(英中央銀行)の楽観的な姿勢に 一部のエコノミストが疑問を呈している。英紙フィナンシャル・タイ ムズ(FT、オンライン版)が、先月開かれた外部のエコノミストを 交えた金融政策円卓会議でのやり取りを基に報じた。

同紙によると会議では、金融政策には事実上、公的支出削減を埋 め合わせる余地はなく、さらに世界中の政府も歳出削減を計画してい るとの指摘が出た。

また、同中銀が英国の来年の経済成長率を2.8%と見込む一方、 エコノミストらの予想平均は2%となっていると同紙は伝えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 藤田比呂子 Hiroko Fujita +81-3-3201-8662 hfujita2@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Alan Purkiss in London on +44 20 7330 7760 or apurkiss@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Colin Keatinge in London at +44-20-7673-2494 or ckeatinge@bloomberg.net.

%EUR %GBP

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE