独英政府:銀行への課税方法に違い、二重に税負担の銀行も-英紙FT

【記者:Alan Purkiss】

8月24日(ブルームバーグ):将来的な金融危機に対応する費用 の一部を銀行に負担させる方法で、ドイツと英国の間に違いが見られ ると英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は報じた。

同紙によると、ドイツ政府は24日、同国に本社を置くすべての 銀行に毎年課税する計画に着手する。一方、英政府は英国内で事業を 行う国内外の金融機関から銀行税を徴収する方針だ。

アスムセン独財務次官は英財務省の担当者らに書簡を送り、ドイ ツ銀行など独英両国で営業する銀行の中には、業務の一部に対して二 重課税されるところが出てくる可能性を指摘したと同紙は伝えている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 重松 典子 Noriko Shigematsu +81-3-3201-3986 nshigematsu@bloomberg.net   Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Alan Purkiss in London on +44 20 7330 7760 or apurkiss@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Colin Keatinge in London at +44-20-7673-2494 or ckeatinge@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE