中国当局、新規融資が年間目標超えても「黙認」の公算-ソシエテG

中国当局は、今年の新規融資を7 兆5000億元(約94兆円)に抑える方針を銀行が破ったとしても「黙 認」する公算が大きい。仏銀ソシエテ・ジェネラルがこうした見方を 示した。中国経済に減速の兆候が表れる中、成長の維持を図ると同行 はみている。

ソシエテのエコノミスト、グレン・マグワイヤ氏(香港在勤)は 24日の電話インタビューで、中国政府は「上振れ気味」の傾向を容認 する可能性があると語った。「ここ数カ月の成長の勢いの鈍化」を考慮 すると、60%の確率で起きるとみている。

中国の4-6月(第2四半期)の国内総生産(GDP)は前年同 期比10.3%増と、1-3月(第1四半期)の同11.9%増から伸びが 鈍化した。年初からの新規融資は5兆1700億元となっている。

マグワイヤ氏はまた、50%の確率で中国政府が公式に融資目標を 引き上げると予想。「経済情勢が一段とそして急速に落ち込んだ場合」 に実施されるだろうと説明した。

同氏によれば、銀行の預金準備率が引き下げられる確率は30%。 「世界情勢がこうした措置を求めれば、これが中国の緩和サイクルの 第3段階で最終手段になるだろう」との見方を示した。

--Paul Panckhurst, Jay Wang. Editors: Lily Nonomiya, Michael Heath

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Paul Panckhurst in Beijing at +86-10-6649-7574 or ppanckhurst@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Stephanie Phang at +65-6499-2617 or sphang@bloomberg.net

%CNY PBCZ CH <EQUITY> CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE