7月の米中古住宅販売件数は低迷、3カ月連続減少か-BN調査

【記者:Courtney Schlisserman】

8月24日(ブルームバーグ):7月の米中古住宅販売件数は、2009 年3月以来の低水準に減少したもようだ。差し押さえや雇用の伸びが わずかで、住宅市場が低迷しているとエコノミストらは指摘している。

ブルームバーグ・ニュースが実施した調査では、7月の中古住宅 販売件数は前月比13.4%減の465万戸(年率換算、73社の予想中央値) が見込まれる。予想通りなら3カ月連続での減少。

調査会社マリア・フィオリニ・ラミレスの米国担当チーフエコノ ミスト、ジョシュア・シャピロ氏(ニューヨーク在勤)は、政府が住 宅購入者向けに講じた最大8000ドル(約68万円)の税控除終了から の「非常に大きなつけが回って来ているのは明らかだ」と指摘。また、 物件の「表面化しつつある供給過剰に対応するためには、一段の値下 げが必要だ」と語った。

全米不動産業者協会(NAR)は午前10時(ワシントン時間)に 中古住宅販売件数を発表する。ブルームバーグ調査での予想レンジは 396万-530万戸。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE